« 南仏「サン・ポール・ド・ヴァンス」 | トップページ | 南仏「ムージャン」 »

2006/08/06

デーツのショートケーキ♪

Dsc06602

以前ご紹介したアラブ名産のフルーツ使ったデーツとヨーグルトケーキ♪ 以来・・・今日は大量に余っていた「デーツ」を使って「デーツのショートケーキ」を・・・♪
普通のスポンジではなく、ほろほろとした食感が大好きなフランスの「カトル・カール」
粉・バター・砂糖・卵が1/4(quatre-quarts)ずつの分かり易い配合です。
バターがたっぷりなので、しっとり美味しい♪


~デーツのカトル・カール~

<材料・18cmの型>

卵・・・2個                   
砂糖・・・120g                
小麦粉・・・120g                
バター・・・120g
デーツ・・・100g(お好みで)

<作り方>
①ボールに卵と砂糖を入れ白くもったりするまで泡立てます。人肌になるまで湯煎にかけると良いです。もったりしたらデーツのペースト、もしくはデーツをふーどプロセッサーにかけたものを入れ混ぜる。
②①にふるった小麦粉を入れて混ぜます
③電子レンジで溶かしておいたバターを一気に入れ混ぜます(バターが多く下に溜まり易いので下からすくい上げるように手早く!泡をつぶさないように)
④手早く型に入れ予熱をしっかり入れたオーブン、170℃で約30分焼きます。
テフロン加工の物はそのままでOKですが、それ以外の型にはパラフィン紙をしいておきましょう。

Dsc06614_1 Dsc06618

それだけでも十分美味しいのですが・・・今日は簡単デーツクリームでデコレーション♪
色が同化して分かりずらいですが・・・間に2段クリームをサンドしています。

<デーツクリーム>
400ccの生クリーム・40gの砂糖(生クリームの10%量)・デーツペーストを混ぜホイップして出来上がり!
淡白なデーツですが、ほんのりクリームに風味が移り、さくさくした食感もいい感じ♪
十分しっとりしたケーキなのでシロップはいりません。

Dsc06597

マドレーヌ型で焼いても可愛い♪

「カトル・カール」混ぜる時に少しテクニックが必要かもしれませんが(私はプロのシェフから習った「手」をよく使います。指をいっぱいに広げるとボールの下からもすくい上げ易いし混ぜ残しもありません。ゴムベラや泡立て器で粉を混ぜるのが苦手・・・という方やってみて下さい♪)
ということで・・・シンプルなお菓子が好きな方、とても美味しいので是非お試しを。もちろんデーツ抜きで作っても♪その場合はレモンの皮を入れたり、ブラウンシュガーで作っても美味しいです♪

人気blogランキングへ

|

« 南仏「サン・ポール・ド・ヴァンス」 | トップページ | 南仏「ムージャン」 »

コメント

さっそくレシピが公開されてて嬉しいです(^-^*))
カトル・カールって日本でいうパウンドケーキですか?
卵と砂糖を白くもったりするまで・・・って、
結構混ぜる感じですか?(つのが立つくらいまで?!)
今日はこれ作ってみようかな・・・・
でもさすがに2日連続デーツケーキは主人にあきれられるかな。。。

投稿: nana | 2006/08/07 16時29分

>nanaさま
そうですね、パウンドケーキですね。ただ、フルーツケーキのようなどっしりしっかりした感じではなく、ほろほろした食感です♪
「白くもったり」・・・は10分近く混ぜる時もあるのでかなりしっかりと!ですね。生地をたらすと跡が残って8の字が書ける位までです。
デーツが続くようでしたら、レモンの皮のすりおろし(約判個)を入れて、爽やかレモン風味なんていかがですか?オレンジでもいけるかな♪

投稿: aya | 2006/08/07 17時27分

すごくわかりやすい説明ありがとうございました☆
聞いてよかった・・・多分お聞きしないまま作ってたら、
1の字が書けるか書けないかであきらめてました。。。
家にある大量のデーツを使い切らなくてはいけないので、
とりあえずはデーツで作ってみます!
でもレモンも大人な仕上がりになりそうで美味しそうですね~楽しみ(^^)

投稿: nana | 2006/08/07 23時42分

相変わらずすばらしいセンスだなぁ。
カトルカールって初めて聞いた!しかしすごい量のバターだね、溶かしていれるのは相当大変そうだな〜。手で混ぜるのってテレビでパティシエがたまにやっているけれど、あれってプロっぽくてかっこいいよね(笑)
私もお土産でいただいたデーツがまだあるので、生クリームもおしゃれだし、今度はこれをつくってみようかな〜♪

投稿: CHIAKI | 2006/08/08 01時26分

>chiakiさま
バターの量は凄いのよね・・・
それだけに、成功するとしっとりホロホロで超美味しいの!一晩寝かせた位がなじんでいいかな。

これって表面に粉糖のレモンシロップ塗ると、ダロワイヨとかにある「レモンケーキ」みたいなのとかと同じかなぁ。

投稿: aya | 2006/08/08 02時15分

さっそく挑戦してみたら、、、膨らまずに終わってしまいました。。。かなり切ない仕上がりです(; ;)
8の字まではうまくいったのですが、、、小麦粉・デーツ・バターをいれる間に泡を潰してしまったのかな・・・
ゴムベラを使ったのですが、どの程度までしっかりまぜればよいのかコツがあったら教えてください!
あと、、、ayaさんの家のオーブンは上も下も焼けるタイプですか?我が家のは下しか電気がつかないタイプで。。。
これもいけないのかな?
なので普段オーブン料理には、別途購入した巨大トースターのような、上も下も電気がつくものを使ってるのですが、
これはお菓子には使えるのかな・・・

投稿: なおこ | 2006/08/10 18時12分

>なおこさま
それは残念でしたね・・・(::)
このケーキ、混ぜ方が難しいですよね。
ケーキが膨らまない原因として一番多いのは、混ぜすぎでグルテンが出て固くなってしまう事です。
コツとしては、粉が少し残っている早い段階で一旦混ぜるのを止め、生地の一部をバターの中に入れ泡立て器でしっかり混ぜ合わせて下さい。それを生地の方に戻すとバターだけを入れるよりも沈みにくく混ぜ易いと思います。
最後はまだ混ぜたりないかな??と思っても粉とバターが見えなくなったらすぐ止める位がちょうど良いです♪生地にツヤがあるのがベスト!ねちょねちょしてきたら危険です!?笑
混ぜ方としては、向こうから手前に向かって、上から切る様にゴムベラを入れ、底から持ち上げるように上へ・・・(ボールをまわしながら)を繰り返す感じです。

うちは上下火がつくオーブンですが、下火だけでもしっかり温度が入れば大丈夫だと思います。トースターのようなものも火力がしっかりしていれば大丈夫だと思いますが・・・温度調整はできますか?
焼き菓子は最初の段階でしっかり膨らませるのが大切なので、もし火力が弱いようであれば少し温度を高めに設定してしっかり熱くしてから焼き始めるようにしてみて下さい♪

なんだかわかりづらい説明になってしまいごめんなさい。


投稿: aya | 2006/08/10 18時46分

いつもいつも丁寧に説明していただいてありがとうございます。今朝の私の生地、、、ネチョネチョしてた気がします・・・苦笑
バターと混ぜる生地の一部のみはばっちり混ぜてもいいってことですよね?気を取り直して、混ぜ方注意で近々もう1度挑戦してみます☆
巨大オーブントースターは温度調整もちゃんとできるので、これも挑戦してみます(^^)v

投稿: なおこ | 2006/08/11 06時35分

>naokoさま
バターと生地の一部を混ぜる時は、素早く、ガーっとしっかり混ぜる感じ♪これは混ぜにくい液体を加える時に良く使うコツです。
このケーキのバターは大量なので大変ですよね・・・
オーブンは火力があまり強くないようでしたら(様子が分からないのでなんともいえないですが)180℃くらいの設定でやってみて下さい♪

投稿: aya | 2006/08/11 06時51分

>naokoさま
あ、それから、もしデーツがドロッとして重たい液状のもをお使いでしたら半分位に減らしてみて下さい。
そして溶かしバターの中に入れて生地の一部と一緒に混ぜてから加えてみて下さい。
私はデーツの果肉を刻んだものを使ったので生地はそれほど重くならなかったのですが、液状のものだと生地が余計重くなってふくらみにくいと思いますので・・・(^^;)

投稿: aya | 2006/08/11 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南仏「サン・ポール・ド・ヴァンス」 | トップページ | 南仏「ムージャン」 »